×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

静岡県でのパスポート申請の手続き・取得方法、申請に必要な書類を解説いたします
静岡県パスポート申請手続きガイド
パスポートの管理

パスポート申請概要
必要書類
代理申請
パスポート申請窓口
窓口業務
受け取り
パスポート管理
注意事項
切替申請
パスポート知識
種類・沿革
ICパスポート


パスポートの記入について

パスポートの「渡航先」、「追記」、「査証」のページは旅券事務所が使用するものです。裏表紙の「所持人記入欄」以外の場所に勝手に書き込みをしたりしますと、ビザ申請などの際に入国拒否などのトラブルが発生する可能性もあります。子供の落書き、シールの貼り付けなどもトラブルの原因となりえますのできちんと管理しましょう。

                          パスポート記入の注意事項

記載事項の変更

パスポートの記載事項の変更は、原則的にはパスポートを返却したうえで新規に発給申請しなおすことになります。写真の印刷されているページやパスポートのサイン、ICチップの氏名等の情報の変更は、新規発給申請によります。ただし、姓、名、本籍の都道府県名の変更については訂正申請によることができます。

結婚による改姓の場合、旧姓を旅券に記載し別名を併記する必要性ありと判断される場合には、その必要性を確認する書類と「非ヘボン式ローマ字表記等申出書を提出することで別名併記は可能です。詳細は旅券事務所へご確認ください。



安全な旅行のために

事故や事件、病気・衛生、テロや戦争など多様に揺れ動く国際情勢、いざ海外へ行くにも何かと不安がつきまとうものです。安全で快適な旅行ができるよう、外務省では「外務省海外安全ホームページ」や海外安全情報FAXサービスにより「渡航情報」などの情報提供をしていますので、事前によく確認しておきましょう。また、「海外安全相談センター」では、電話での問い合わせや窓口相談にも対応しています。

アメリカ入国に関する注意点

同時多発テロ事件後のアメリカでは、入国にあたっての生体認証情報の把握など対策強化に本腰を入れ、パスポートへのICチップ技術の導入を各国に求めるようになり、2006年10月26日以降に発給されたパスポートは、ICパスポート(バイオメトリック・パスポート)でなければ査証(ビザ)免除措置は受けられないものとなりました。ただしそれ以前に発給されたパスポートであっても、機械読み取り式の旅券であるかぎり(日本国内で発行された日本旅券は全て機械読み取り式旅券です)、2006年10月26日以降もビザなしでアメリカへの入国が可能です。




静岡県パスポート申請手続きガイド | 事務所概要 | サイトマップ | ご利用案内 | 特商法による表示
Copyright (C)2007 office-ishii. All rights reserved.