×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

静岡県でのパスポート申請の手続き・取得方法、申請に必要な書類を解説いたします
静岡県パスポート申請手続きガイド
パスポートの知識

パスポート申請概要
必要書類
代理申請
パスポート申請窓口
窓口業務
受け取り
パスポート管理
注意事項
切替申請
パスポート知識
種類・沿革
ICパスポート


ICパスポート

平成18年3月20日以降、新たに発行されるパスポートは、ICパスポートとなります。すでに所有しているパスポートは有効期間満了までそのまま使用可能で、切り替えの必要もありません。
第一次世界大戦後、国際連合の国際民間航空機関(ICAO)は、パスポートについてのガイドライン策定など、その指針につき多大な貢献をしてきましたが、パスポートの利便性を高め偽造を防止するため、ICパスポート導入を検討して、2005年に国際標準を策定しました。
現在世界各国でも導入が進められています。

形状 従来のパスポートと変わりませんが、表紙にはICパスポートを示す世界共通マークが表示され、後半の厚めのページにICチップが埋め込まれています。

効果 ICパスポートはICチップに記録されている情報から、顔写真の貼り替えなどの偽造や変造を発見することが容易になり、悪用を防ぎます。ICチップには、氏名、国籍、性別、旅券番号などパスポートの写真のページにある情報のほか、生体情報として、国際標準で定められた顔の画像が記録されます。ICパスポートは個人情報保護対策も十分になされていますので、記録内容が無断で読み取られることはありません。現在は顔写真のみを記録する方法によっていますが、将来的には、指紋や顔などの生体認証による出入国管理も計画され、実験などが行なわれています。



ICパスポートの取り扱い

手続き ICパスポートの申請も、申請者が住所地の都道府県の旅券事務所で受け付けます。ICチップに記録する顔の画像も、申請書に貼付した写真を取り込みますので、新たに撮影は行いませんが、出入国審査の円滑のため、一定の規格に従った写真の提出が必要です。なお、現行旅券からIC旅券への切替申請することはできますが、有効期間の加算はされませんし、手数料の減額もありません。

受け取り 申請から交付までの期間は従来と同じです。旅券事務所の読み取り装置によりICチップの情報に間違いがないかどうか申請者本人に確認してもらいます。

取り扱い ICパスポートのICチップは、電子部品です。衝撃を避け、重いものを載せないなど、取り扱いには十分注意しましょう。また、電気製品など強い磁気を発生するもののそばに長期間放置したり磁気を受け続けるような状態は避けましょう。
ICチップの個人情報を読み取るには、写真のあるページの下部に印刷されている数字やアルファベットをパスワードとして入力する必要。旅券を閉じていれば第三者にはパスワードが分からないため、気付かない間に読取り装置を近づけられても、読み取られることはありません。

出入国審査 ICパスポート導入の目的は、これまで本人とパスポートの写真を目視により照合していた本人確認を、ICチップの情報でさらに確実にするためです。入国の際旅券を呈示し、入国の目的や滞在期間、宿泊場所などについての審査があります。


アメリカ入国に関する注意点

アメリカでは、同時多発テロ事件後に特に対策強化に乗り出し、入国にあたり諸外国にパスポートへのICチップ技術の導入を求め、生体認証情報などの把握に努めています。そして2006年10月26日以降に発給されたパスポートは、ICパスポート(バイオメトリック・パスポート)でなければ査証(ビザ)免除措置は受けられないものとなりました。ICパスポート発給開始前に発給されたパスポートも、機械読み取り式の旅券であるかぎり(日本国内で発行された日本旅券は全て機械読み取り式旅券です)、2006年10月26日以降もビザなしでアメリカへの入国が可能です。




静岡県パスポート申請手続きガイド | 事務所概要 | サイトマップ | ご利用案内 | 特商法による表示
Copyright (C)2007 office-ishii. All rights reserved.